2016年10月24日月曜日

アーノルド・ローベル「お手紙」の原文読み比べ

みなさん、こんにちは。

息子は今、小学二年生。
毎日国語の教科書を音読する宿題が出されています。

今授業でやっているのは
アーノルド・ローベルさんの「お手紙」というお話です。


がまくんとかえるくんの
素朴で深い友情がなんとも心にしみますね〜。


国語の授業で何度も読み込んでいるはずなので
登場人物の心情やストーリーを考える(読解力を養う)いい機会ですね。


さて、
最近は家で英語に触れる時間をとっていませんが
ぜひ英語の原文も読み比べてみたいと思って
こちらを購入しました。



いつもの教科書の音読の後に、
英語の本の方も私の後に続けて音読してみました。
ちょっと長いから1日に3〜4ページと区切って
少しずつ疲れない程度に読んでいますよ。

英語ではこうやって言うんだな〜
と面白く感じられたらいいんだけどね😊

私はがまくんのキャラクターがなんとも面白くて、
こういう言いまわしは英語の方が断然いいなぁと思います。

「今まで、だれも、お手紙くれなかったんだぜ。
 きょうだって同じだろうよ。」

  "No one has ever sent me a letter before,
    and no one will send me a letter today."



「がまくんとかえるくん」シリーズもいいけれど
私は「どろんここぶた」が好きだな〜。





そういえば最近息子が「お母さん大好き〜」と甘えてきます。
不思議に思って「どうしてお母さんのこと最近大好きなの?」と聞いてみたら

「だって、お母さんの話していることが
 だんだんわかってきたから。」


ん・・・???


それまでは、わかってなかったんかーい😵


英語よりもまずは国語力を身につけようね、息子よ。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿