2014年4月9日水曜日

「ママ」から「お母さん」へ

四月から年長さんになる息子。

何気なく「『ママ』じゃなくて『お母さん』って呼んでくれたら嬉しいな〜」と言ったら
最近は「お母さん」と呼ぶようになりました。

「ねえねえママ、あ、お母さん!」とママと言っても訂正するんです^^

お母さんと呼ばれるとなんだか嬉しいですね。

丁寧な言い方だし、お兄ちゃんになったような感じがします☆

仁菜の方はまだ「ママ」と呼びますがきっとそのうち兄と同じようになるのかな。


さて、今我が家で子どもたちに頑張って欲しいことは「お片づけとお手伝い」です。

ずっと口を酸っぱくして終わった後は片付けをするように言ってきて
(言われないとしないけど)片付けるスピードが格段に上がってきました。

もちろん秀人の方です!仁菜は全然、片付け方もわかりません。
(兄に頼りっぱなしの妹なので精神的に自立できるように今後子育てしないと。。。)


お手伝いの方は、
・幼稚園から帰ってきたらお弁当を出す(秀人)
・ご飯の前にテーブルを拭く(秀人)
・お箸を並べる(仁菜)
・皆の分の牛乳を注ぐ(秀人)

こんな感じのことを日課でやってもらっています。

以前洗濯物をたたむのを手伝ってもらったら、あまりにも雑すぎてご遠慮願いました。

時々お風呂で汚れた上履きや体操服をゴシゴシ洗ったりもしてます。
これは仁菜がはまって長風呂になってしまうんですよね・・・。

小学校に上がったら、お風呂掃除やトイレ掃除など色々とやってもらう予定です。



お手伝いって生活に必要な能力が養われて、本当にいいことだと思います。
でも正直な話、自分がやった方が速いし子どもに任せるとあとあと面倒くさいんですよね。
そこはぐっと我慢して、教え方や時期をよく考えながら少しずつ任せていきたいと思います。

***

「読んだよ」とポチッとクリックをして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

0 件のコメント:

コメントを投稿