2014年2月4日火曜日

CTP再読計画☆より深い知識と理解を

今年は洋書絵本をあまり買わずに、今持っている絵本とさらに深く付き合っていくことにしました。

でも、親も子どもも飽きっぽい性格なので同じ本をずっと何度も読む、というのはちょっとムリ・・・。

例えば毎日CTPを読む!などと計画を立てようものなら絶対にうまくいきません(^^;

前の日にCTP絵本を読んだら次の日は違う絵本という感じで、同じ系統の絵本はあまり連続して読まない我が家。読もうと意識して一週間に1〜2回というのが我が家のペースです。

なのでいつもその時の気分であっちを読んだりこっちを読んだり。

CTP絵本の中でもよく読むお話と全然読まないお話とがあり読書頻度がまちまちになっています・・・。

うーん、これはもったいない。
せっかく良い教材を持っているのだから100%活用したいな〜。


そこでCTP絵本を読む際に
「期間を決めて集中的に同じ本を読む」
「絵本の内容を中心にそこから話を広げたり発展させる」
という方針にしました。

というのも、今まではただ絵本を読み聞かせているだけで内容の深い理解までは子どもたちに求めていませんでした。
でも最近は和書の読みきかせのお陰で、色々なことを理解し、知識として積み上げられてきているので、「総合的な学び」としても質の高いCTP絵本を使って多角的に学んでいきたいなと思ったのです。(英語学習というよりは興味の幅を広げるといった感じかな)


進め方はシンプルに
・一ヶ月に1カテゴリ(Science, Math, Fun&Fantasy, Social Studies)の12冊だけを読む。
・一週間にこの12冊を一回読む。(一ヶ月で4回読むことになります)
・同じテーマや関連した本・情報を活用する。

読む回数は少ないですが、関連した本や情報に触れることでCTP絵本の読み方や理解が深まると思います。


さて、今月のテーマは「Science」です。
早速、「See How It Grows」にはカエルの一生が書かれた図鑑を、
「Reduce, Reuse, Recycle」にはゴミのリサイクルや地球環境といった絵本を探してきました。
「It's Melting!」では実際に氷の溶ける様子を観察するのも良さそうですね。


こんな感じで、和書もCTPに合わせて色々な絵本を借りてこようと思います〜。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 親子英語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿