2013年6月4日火曜日

【4歳囲碁】こどもリーグ戦の試み

土曜の囲碁教室では子供達同士で対戦するようにリーグ表を作ってもっていきました。
リーグ表の効果はどうだったかはちょっと置いといて、秀人の様子からいきます。

9:30〜11:30、こんな感じの二時間でした。
・小学五年生の女の子と対戦、負ける
  →気持ちがくじけて、しばらくの間椅子の下に寝転んで現実逃避。
・T先生と指導碁
・パソコンで詰碁40問くらいやる
・小学二年生の男の子と対戦、負ける
・I先生と指導碁

陣地を効率よく広げる、っていうのはまだできないようです。
詰碁のお陰か、隅の石の置き方は結構いいんだけどなぁ。


ちなみに家でのコンピューター vs 秀人の対戦結果はこうなってます。
7路3子置き 勝ち
7路2子置き 勝ち
7路2子置き 負け
9路2子置き 負け
11路5子置き 負け

・・・・・。う〜ん・・・???
7路2子置きが調度良いレベル?
こ、これは何級くらいなんだろう。さっぱりわからないなぁ。

でもコンピューターとやって負けてもあまり悔しくないし、いくらでも手を戻せて「ここが良くなかったね」と反省や検討をするのに適していると思う。秀人もコンピューター相手だと何度もやりたがります。



さて、子供達同士のやる気をだすためのリーグ表は秀人も入れて5人の名前を書いてやってみました。年中、年長、小二が2人、小五というメンバーです。
とりあえずハンデはつけずに年下の子が黒を持つルールでやってみて、総当たりで10戦予定していた中、4戦できました!

中でも11時過ぎから始まった小学二年生の男の子同士の対局は、かなり熱くて本当に観ていて面白かったです!序盤で白が圧倒的優勢だったのにジワジワと黒が侵入していって逆転勝利したんです!「勝ったよ!」と黒石の男の子が満面で喜んでいて、この一戦で勝った子も負けた子も変わるかもと期待しちゃいました^^

予想通りというか上級生が勝ち星をあげて幼稚園組は負けっぱなしという結果だったけど
、これはやってよかったなぁと思いました。実力がはっきりして彼らの順位が明確になった。今自分がどのあたりのレベルかを知るのは大事なことですよね。そして勝った子は自信がついたと思います。

また、先生方は割と中学生以上の指導には熱心だけど幼稚園や低学年の子の実力をきちんと把握されていない様子なので、こういった結果を共有していけたらなぁと思います。

***

「頑張れ!」っと思ったらポチッと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ

0 件のコメント:

コメントを投稿