2013年5月7日火曜日

【4歳囲碁】子どもと囲碁をする時のコツ


土曜日の囲碁教室で、秀人と先生のやりとりをじーっくり観察してきました。

そこで、幼児を相手に囲碁を教える場合のコツというか心得(?)を私なりに色々と考えました。


まず今の秀人のできることとできないことを整理するとこうなります。
・複雑な形でも囲んで石を取ることができる
・アタリになった石を守る(逃げる)ことができる
・シチョウで相手の石を取ることができる
・死活、二眼や欠け目などは理解していない
・コウのルールはなんとなくわかっている

そして今の秀人の場合「陣地を作るという意識は低く、石取りをとにかくやりたい」という段階で、まだ囲碁を普通にプレイするところまでいってない。ここを理解して指導してもらわないとうまくいかないんだな〜と思いました。


さて、囲碁教室に行くといつもの温和で忍耐強いI先生が他の方と打っていたため、空いていた若いN先生と初めて相手をしてもらいました。

I先生とはいつも13路盤で置石なしの石取りゲームをしてたのでN先生とも同じ感じで始めたけれど、一手目で秀人が真中に黒石を置くと、「そこではなく星に置くんだよ」と注意されてしまいました。

もちろん囲碁では星かその近辺に置くのが良いとされているけれど、秀人は石取りするつもりだったので「え、なんで?」と困惑気味。しかも「石取りしようよ」と先生に言っても「囲碁をやろうね」と流されてしまった!そしてN先生はなぜ星に置くといいのかを具体的に石を置いて説明し始めちゃって、秀人のテンションがみるみる下がっていくのが見えた。(ありゃー、これはどうしよう。)

そして、星、星、ケイマガカリと置かせ、囲碁らしく打っているけれど秀人は石を落としたりふざけたりして全然集中してない・・・。

このときふと気づいたんだけど、「ふざける」っていうのは「つまらない、やりたくない」というサインで、先生に「もうおしまいにしたい」と言えなくてそういう態度をとっていたようです。こういう場合はグダグダな状態で続けても先生に失礼なので、「疲れてしまったので、すみませんが終わりにします」とはっきり言うよう秀人に教えておいた方がいいなと思いました。

さて、N先生と2回くらい始めからやり直しをしてグダグダな状態で終了しました。

その後I先生が空いていたので相手をしてもらったら、すごく集中してサクサク2局(石取りだけど)やりました。



今回じっくり観察してみて色々と発見のあった囲碁教室。
囲碁教室で何を教わるのか?何を教えてほしいのか?を考える良い機会となりました。

秀人の場合、まだ石取りレベルなので囲碁で勝つためのテクニックや上達法とかは必要ないことがわかりました。
それよりも囲碁の面白さを教えてほしいし、やってて楽しい!という思いを引き出すことが今一番重要かな、と思いました。

I先生は余計な説明は一切せず、沢山石を取らせてくれるので秀人も気分がいいし凄く集中する。
また、アタリの状態に気づかず別のところに打とうとすると「よく見て」と自分で気づかせる指導をしてくれる。教えられるよりも自分で気づかせる、というのが大事なんだね。
そしてたまに「こういう時はココに置くのがいいんだよ」とテクニック的なこともさりげなく教えてくれる。
いやー、やっぱりI先生は子どもたちに人気があるだけあって凄いわー!


で、子どもと囲碁をやる時のコツ(心得)をまとめると、
・注意や否定はやる気がそがれるため、あまりしない方がよい。
・石を取らせ、勝たせて「楽しい!」と思わせる。
・教えるのではなく気づかせる工夫をする。
・囲碁で遊びたいという気持ちを大事にする。
・変な打ち方、悪手に対してあまり咎めない方がよい。
 「こっちに置く方がいいよ」と助言する程度にとどめ、無理に直さない。
 置きたいところに置かせ、悪手は後で自分で気づけば上出来!
・定石や技術は「勝ちたい!」と思うようになってから教えればよく、今はさり気なく紹介する程度で十分。

***

「ふむふむ。なるほど。」っと思ったらポチッと押してね〜。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ

0 件のコメント:

コメントを投稿